薬剤師が中小規模の薬局へ転職する利点など

ロゴ
トップページ
<利点となるのは転勤がないこと>
いろいろな理由で、薬剤師の人が中小規模の薬局へ薬剤師転職する場合があるでしょう。 その利点は如何なのかというと、まず年収が高くなります。 1,000人以上勤めてる薬局の場合であれば、平均年収は572万円ほどです。 そして、規模の小さい10〜99人ほどの薬局であれば、617万円ほどになります。 この金額差から判るように、中小規模となると45万円ほど年収が高くなるのです。 次に、利点となるのは転勤がないこととなります。 それは、大手の薬局というのは全国に店舗を持つ場合が多いですが、中小規模であればその都道府県内・市内などと店舗数が限られてるケースが多いからです。 ですから、もし転勤が合った場合でも、同じ地域内なので負担がありません。 その次の利点は、残業が少ないという点です。 店舗の規模が大きいほど、たくさんの従業員・店舗の管理をしなければならないので、報告書・資料を作成した提出物・データの入力などが増えます。 そうすると、必然的に長時間の勤務となるのです。 そして、小規模の薬局であれば、従業員の意見が反映される可能性が高くなります。 それは、従業員数が少ないですから、経営者・上司との距離が近くなるからです。 この場合、責任も重くなるのですが、自分の思いが直に伝われば遣り甲斐も生まれて来ます。 すると、能力次第では非常に仕事が行い易くもなるのです。 尚、大手の薬局と違って業界の情報が入り難くなる難点はあるものの、それも薬剤師転職サイトなどを使えば自分次第で情報収集できます。 遣り甲斐と収入の点からすると、中小規模の薬局へ勤めるのはおススメです。

<調剤薬局へ転職した時の仕事内容・求められるもの・年収など>
調剤薬局の業務は、これから増々高齢化の進む社会では非常に重要な仕事です。 その仕事内容は、病院の処方される薬を患者へ手渡すだけのものではありません。 これからの時代では、幾つもの病院で診察を受ける患者も増えて行くので、かかりつけの薬剤師という重要な役割が課せられて来ます。 それは、患者の健康管理代行を行う、コンサルタントともいえる業務です。 その仕事内容は、患者の体質・薬の服用記録を管理するとともに、健康状態を患者から聴き、薬の内容・服用法を指導するものとなります。 その他、調剤薬局へ転職した場合に行う仕事内容は、保険点数の計算・副作用の回避業務があるのです。 これらの仕事内容は、従来から行われているのですが、内容・方法はどんどん進化してます。 それは、IT・モバイルを使った服薬指導などで、高齢者へ判り易く説明をしなければなりません。 そのため、顧客対応レベルがあがるのです。 その能力次第で、所得も変わります。 さて、調剤薬局での年収ですが、400〜600万円ほどです。 これは、業界では平均的なレベルといえます。 これはしかし、製薬会社・ドラッグストア勤務と比べると幾分か低目ですが、長い時間の残業がほとんどありません。 それに、服薬指導などの業務では基本のスキルアップをして行けますから、年収を増やす実務経験を積んで行けます。 尚、従業員の監視業務・薬品管理の責任者となれると、年収は600〜800万円となるのです。


Copyright(c) 薬剤師が中小規模の薬局へ転職する利点など. All right reserved.